推進阪神南会議

尼崎市・西宮市・芦屋市

重点活動目標

 生活習慣病予防をはじめとした健康づくりを推進するため、体重や血圧測定、食欲、排便状態等毎日のセルフチェックや、定期的な健診の受診等「健康チェック」を健康づくりの基盤とし、「からだの健康」「こころの健康」「食の健康」を重点活動目標とするとともに、「たばこ対策」「アルコール対策」「歯・口腔の健康」「健康危機における健康確保対策」を活動目標に掲げ、「ひょうご健康づくり県民行動指標」の周知、実施を通して、県民一人ひとりの生活習慣を見直す健康づくり運動を展開していきます。

1.「からだの健康」

 メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病予防、ロコモティブシンドローム等を予防するために、ウォーキングやストレッチなど気軽に日常生活の中で取り組める運動の普及を通じて、からだの健康づくりを推進する。

web-s_hanshin

2.「こころの健康」

 だれもが生涯にわたって心穏やかで充実した生活が送れるよう、こころの不調に早目に気づき、対応できるセルフチェックと早期の相談等の普及啓発に努め、社会からの孤立防止や生きがいづくりを推進するなど、こころの健康づくりを推進する。

3.「歯・口腔の健康

 「ごはん」「大豆」「減塩」に焦点をあてた「ひょうご“食の健康”運動」を引き続き推進するため、食の健康運動リーダーによる働き盛りや若い世代の食育にも連動する実践活動の展開、媒体を利用した食育の推進を行う。

 また、栄養バランスの取れた「日本型食生活」や野菜たっぷりメニューの普及、朝食の摂取の大切さを伝える。

所在地

芦屋市公光町1-23

阪神南支部(芦屋健康福祉事務所内) 〒659-0065 芦屋市公光町1-23