からだの健康

ふだんから元気にからだを動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモ(※)、うつ、認知症等になるリスクを下げることができます。例えば、今より10分多く、毎日からだを動かしてみませんか。

※ロコモ:「ロコモティブシンドローム」とは、骨や関節の病気、筋力の低下、バランス能力の低下によって転倒・骨折しやすくなることで、自立した生活ができなくなり介護が必要となる危険性が高い状態を指しています。

~今より少し、積極的にからだを動かす~

「+10分(プラス・テン)」で、健康寿命をのばしましょう。

提案1 いつもより10分多く歩く。
提案2 10分間ストレッチをする。
提案3 生活の中で一工夫。

一、毎日歩こう 背筋を伸ばして
   今のあなたに もう1,000歩

二、毎日10分ストレッチ
   からだにうるおい こころにゆとりを

三、通勤・通学・家事などで
   ちょっとした工夫の運動を

四、週に2回は 楽しく運動・スポーツを