推進会議

 個人の努力とあわせて社会全体で健康づくりを支援するため、県民全体で取り組む運動として、「健康ひょうご21大作戦」の1つめの柱である「健康ひょうご21県民運動」を推進する。

 健康づくりの基盤となる「健康チェック」の実践、健康診断の確実な受診、健診結果に基づく専門家によるアドバイス、生活習慣の改善・定着など県民の健康づくりを支援することにより、健康寿命の延伸を目指す。

 重点活動目標に「からだの健康」「食の健康」を、活動目標に「たばこ対策」「歯及び口腔の健康」「こころの健康」等を掲げ、健康づくりの道しるべとなる「ひょうご健康づくり県民行動指標」の普及を図り、生活習慣の改善や見直しを通じた健康づくり運動を全県内で展開する。

 また、これらの活動全体を通し、今後より一層の対策強化が求められる高齢者の「フレイル対策」への取組みの充実を図る。

 ただし、令和元年度末からの新型コロナウイルス感染症の情勢等に応じて、中止や延期、内容・実施方法等の検討を行いながら取り組むこととする。

web-kobe

重点活動目標

1.「からだの健康」

 メタボリックシンドロームやフレイルの原因である「ロコモティブシンドローム」、「サルコペニア」などの予防を図るため、各圏域での活動をとおし、地域の「健康体操」や今より10分多く毎日からだを動かす「+10分(プラス・テン)エクササイズ」などを効果的に活用し、県民の運動習慣の定着とともに「“脱”座り過ぎ生活」の啓発を図る。

2.「食の健康」

 健康づくり推進員の中から「食の健康運動リーダー」を委嘱し、子ども、高齢者等への食育や災害時の「パッククッキング」の調理実習等の開催や「朝ごはんを食べることの大切さ」、「野菜の摂取」、「低栄養予防」の普及など、食の健康キャンペーン活動を通じ、食の健康運動を推進する。

 令和2年4月に食事摂取基準が改定され、食塩摂取量の目標量が引き下げられることも踏まえ、食生活指導に活用できるリーフレットを作成し活動を支援する。

活動目標

1.「たばこ対策」

 広報媒体や会議、イベント等を通じて、喫煙の影響が大きいがんやCOPDに関する正しい知識の普及を図り、喫煙防止とともに、特に妊産婦や子どもへの受動喫煙防止の啓発など、たばこ対策を推進する。

 ポータイルサイトにおいても、世界禁煙デー、日本の禁煙週間等のアクセスが多数であることから、引き続き啓発を行う。

2.「アルコール対策」

 啓発資材の配付等により、生活習慣病のリスクを高める量や飲み方、妊産婦と未成年者の飲酒防止について正しい知識の普及を図る。

3.「歯・口腔の健康」

 地域で歯及び口腔の健康づくりの普及啓発等を行う8020運動推進員を養成・委嘱するとともに、セルフケアや「かかりつけ歯科医」を持ち定期的に歯科受診をすることの重要性、オーラルフレイル対策による全身のフレイル予防も踏まえた、歯及び口腔の健康について研修会の開催や啓発資材の配付等を行う。

 4.「こころの健康」

 仲間づくりや社会参加の勧め、“笑い”などの健康効果や睡眠のとり方、ストレスの対処方法など、こころの健康に関する知識を普及するとともに、認知症についても資材の配付や研修会への講師派遣等を行い、予防と早期発見、適切な対応に向けて啓発を行う。

5.「健康危機における健康確保対策」

 いつ起こるかわからない災害への心構えを持ち、個人の心身の状態に即した食料、飲料水等の備蓄、服用薬の管理等をすすめる。また食中毒や感染症を予防するための知識や行動について普及啓発に努め、健康危機における健康確保対策を推進する。

所在地

推進会議本部(公益財団法人兵庫県健康財団)

〒652-0032 神戸市兵庫区荒田町2-1-12