阪神北会議

宝塚市・三田市・伊丹市・川西市・猪名川町

活動目標

 生活習慣病予防をはじめとする健康づくりを推進するため、体重や血圧測定、食欲や排便状態等、毎日のセルフチェックとともに健康ひょうご21県民運動ポータルサイトで公開している「ひょうご健康づくりチェックツール」の利用による健康マイプランの実践、さらに機会あるごとに視覚に訴える媒体等を活用したり、他事業と連携した啓発の場を確保し、定期的な健康診断受診や専門家によるアドバイスの活用の勧めなどを通して、一人ひとりの健康状態に基づいたセルフケアにつながる「健康チェック」習慣の普及と定着を促進します。

 平成28年度は、新たに健康チェックの結果や研修会の参加履歴、健康づくりの取組などを記録する「推進員活動手帳(仮称)」を作成のうえ配布し、より一層の健康チェックをはじめとする健康づくりの充実を図るります。

web-n_hanshin

1.重点活動目標

「アルコール対策」

 生活習慣病のリスクを高める量や飲み方、妊産婦と未成年者の飲酒防止について正しい知識の普及を図る。

2.活動目標

「からだの健康」

 メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病予防、ロコモティブシンドロームに代表される筋骨格系障害を予防するためのウォーキングやストレッチなど気軽に日常生活の中で取り組める運動とともに、今より10分多く毎日からだを動かす+10(プラス・テン)の普及を行う。また、サルコペニアの予防にも必要な栄養やこころの健康も意識した運動のすすめを通じて、広い視点でのからだの健康づくりを推進する。

「食の健康」

 「ごはん」「大豆」「減塩」に焦点をあてた「ひょうご“食の健康”運動」を引き続き推進するため、食の健康運動リーダーによる食の健康づくり実践活動の展開、「大豆のうた」の普及、食の健康協力店の周知や利用促進を図る。また、栄養バランスの取れた「日本型食生活」や野菜の摂取等について普及し、働きざかりの健康にも留意した「ひょうごの食育」を推進する。

「こころの健康」

 だれもが生涯にわたって心穏やかで充実した生活が送れるよう、こころの不調に早めに気づき対応できるセルフチェックと早期の相談等の普及啓発に努め、社会からの孤立防止や生きがいづくりを促進するなどこころの健康づくりを推進する。

「たばこ対策」

 受動喫煙対策及び喫煙の害についての普及啓発に取り組み、重点的に未成年者や妊婦、育児中の両親の喫煙防止を推進する。またCOPD(慢性閉塞性肺疾患)やたばこの発がん性に関する正しい知識の普及を図る。

歯・口腔の健康

 生涯を通じて自分の歯で楽しい食生活が送れるよう、8020運動推進員を中心として乳幼児期・学齢期・成人期・高齢期各々に応じた、むし歯予防、歯周病予防、歯の喪失防止を推進し8020運動(80歳で自分の歯を20本持つこと)とともに定期受診や適切な口腔ケアの実践を推進する。

「健康危機における健康確保対策」

 いつ起こるかわからない災害への心構えを持ち、最低でも3日分の食料等の準備、食中毒や感染症を予防するための知識や行動について普及啓発に努め、健康危機における健康確保対策を推進する。

所在地

宝塚市小林3-5-22

阪神北支部(宝塚健康福祉事務所内) 〒665-0034 宝塚市小林3-5-22