悩みと不安の相談

悩みや不安があるときは
まずは誰かに相談を

悩みがあったり、心が苦しいときは、口に出せば気持ちが楽になるものです。身近な家族や友人にこころの内を聞いてもらいましょう。
専門家に相談したいときは、市町や県健康福祉事務所でこころのケア相談を実施しています。また、夜間休日は兵庫県いのちとこころのサポートダイヤルを開設しています。心の健康相談を中心に、自殺予防につながるようご相談に応じます。電話相談だけでは対応が難しい場合には、最も適した他の保健機関や法律相談窓口などを紹介します。
【電話番号】078-382-3566

【開設時間】月曜~金曜:18時~翌8時30分/土曜・日曜・祝日:24時間

【対象者】兵庫県内に在住、在学、在勤の方

こころの健康相談については、全国統一ダイヤルなども活用していただけますので、詳しくは下記ページを参考にしてください。

「兵庫県HP いのちの電話・自殺防止電話相談」

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf09/denwasoudan.html

 

kokoro04

【妊娠、子育て中のお母さんへ】
妊娠、産後は育児負担やホルモンバランスの影響でイライラがつのりやすいものです。身近な人に気持ちを出しましょう。
産後うつ病の発症率は10〜15%で、産後1週間と産後2か月に発症しやすいと報告されています。医師や助産師、保健師に相談し、必要なときは、治療を受けましょう。

kokoro05