たんば会議

篠山市・丹波市

活動目標

【方針及び重点活動目標】

 健康ひょうご21県民運動たんば会議では、「健康チェック」を健康づくりの基盤とし、住民一人ひとりが自らの生活を見直し、生活習慣の改善を図ることを基本としつつ、関係団体、住民、企業、行政が一体となって進める「健康ひょうご21県民運動」を丹波圏域で推進していきます。

 

 

 

web-tanba

1.最重点活動目標

「食の健康」

 「ごはん」「大豆」「減塩」に焦点をあてた「ひょうご“食の健康”運動」を引き続き推進し、栄養バランスのとれた「日本型の食生活」や野菜の摂取について普及し、特に働きざかりの健康にも取り組んでいく。

「アルコール対策」

 アルコールが心身に及ぼす健康被害について周知するとともに、妊産婦や未成年者の飲酒防止の徹底および、適正な飲酒習慣の普及について進めていく。

2.重点活動目標

「からだの健康」

・地域実践活動助成金事業を活用した実施

 丹波地域の住民の健康づくりや生活習慣病予防のために行動指標を生かして運動等を生活に取り入れるための活動について参画団体へ助成する。

・「健康体操」の普及促進

 運動習慣の定着を促進するため、各種「健康体操」の普及・促進を図る。今より10分多く毎日身体を動かす事を意識づけていくことで、生活習慣の中に運動を取り入れていく+10(プラス・テン)の普及などとともに、健康増進プログラム等の実施により、からだの健康づくりを推進する。

「たばこ対策」

 たばこにおけるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や各種がんへの影響について、正しい知識を普及させる。また妊産婦や未成年者の禁煙及び受動喫煙の徹底を図る。

「歯・口腔の健康」

 8020運動推進員を通して、個々による歯のセルフケアや「かかりつけ歯科医」を持つことの重要性、年1回の歯科健診受診をさらに浸透させ、8020運動を推進する。

「こころの健康」

 コミュニケーションの重要性や睡眠の大切さ、過度のストレスへの対処方法など、幅広い、こころの健康に関する知識を普及啓発する。

 また、思春期の若者へのこころの病気についての普及啓発や、教職員に向けた研修やテキストの作成により、SOSを見逃さない体制作りを推進する。

 

所在地

丹波市柏原町柏原688

丹波支部(丹波健康福祉事務所内) 〒669-3309 丹波市柏原町柏原688 

                 0795-73-3654